Monthly Archive: 2019-March

クラミジアに感染しているとHIVの感染率が上がる...

性感染症の中でも罹患率の高いものの1つにクラミジアがあります。 クラミジアの大きな特徴として女性に顕著なことがあり、厄介な点の1つに男女共に症状が乏しい点を上げることができます。 特に女性の場合には不妊症の大きな原因になることが多く、異常を感じた場合にはできるだけ早く治療を行う必要があります。 クラミジアは高い感染力があり、患者数が多いことでも知られています。 原因はクラミジア・トラコマティスという細菌に感染することであり、性交渉が主な感染経路になります。 一方、感染率は高いもののクラミジア自体は非常に弱く、通常の生活では感染することは無いため、対処をするには正しい知識を持つことが大切になります。 クラミジアはHIVと重複感染しやすい性感染症の1つであり、十分に注意をする必要があります。 重複感染とはいくつかの感染症に同時に感染した状態を指し、感染経路が似ていることが大きな原因です。 HIVはクラミジアとは異なり致死率が高く、仮に検査で陽性と判断された場合には、医療機関における早期の治療が必要になります。 HIVに関してもクラミジア同様、正しい知識を持つことが大切になりますが、混同されるものとしてエイズがあります。 まず、HIVとはヒト免疫不全ウイルス(Human Immunodeficiency Virus)の略語で、免疫を司るTリンパ球やマクロファージなどに感染するウイルスを指し、HIV1型と2型の2種類があります。 エイズはHIVが感染することで引き起こされる病気自体を指します。 感染をすることで細胞の中にHIVが増殖することになり、免疫を司る細胞が徐々に破壊されていくことで、普段は感染しない病原体にも感染がしやすくなります。 現在、代表的な疾患としては23の症状が定められており、これらの症状が確認された時点でエイズとして診断されます。 HIVの感染経路には大きく性的感染、血液感染、母子感染の3つがあり、中でも性的感染は最も多い原因になっています。 主に女性の場合には膣粘膜から、男性の場合には鬼頭部分の細かな傷から、精液、膣分泌液に含まれるHIVが侵入することで感染します。 HIVの場合、性的感染の他に問題となったものとして血液感染があります。 血液感染は出血が伴うケースでHIVが侵入することになり、輸血、注射器・注射針の共用による麻薬の回し打ちや医療現場における針刺し事故などが原因になります。 ただしこれらに関しては、現在、各医療機関も含めて厳格な対応が行われており、感染リスクは非常に低くなっています。 HIVの治療にかかる費用と治療までの過程とは HIVは血液、精液、膣分泌液、母乳などに多く分泌されます。 正しく対処をするには特徴を把握しておくことが重要になりますが、まず、唾液や涙、尿などからは感染することはありません。 感染は粘膜と出血を伴う傷口からであり、例えば、傷が無ければ感染はしないことを理解しておく必要があります。 感染率に関しては、目安としては避妊具を使用しなかった場合には0.1~1%程度とされており、輸血が90%と最も高い数字となります。 ただし、クラミジアなどの性感染症に罹っている場合には感染率は数倍上がることが確認されており、大きな理由に粘膜に炎症を起こしていることがあります。… Read more

沢山並んでいる漢方薬

クラミジアは漢方薬で治療はできません...

まず、結論から言えば一度クラミジアに感染してしまうと漢方薬で治療することは不可能です。 クラミジアにはそれ専用の治療法がありますし、漢方では対処しきれないこともあります。 漢方薬はあくまでクラミジアの予防に効果があるだけで、感染してしまった後にはどれだけ漢方の効果が発揮されたとしても意味がありません。 そもそも、漢方は体の調子を整えたり、免疫力を高めることに重きを置いています。 いろいろな病気が漢方によって改善されるのは病気自体が治るというよりも、それに対抗できるだけの体力、免疫力がついてくるだけの話です。 クラミジアの場合でもそれは同様で、感染前の予防にと積極的に取り入れることで感染のリスクをかなり軽減することが出来ます。 クラミジアは、感染したとしても自覚症状がほとんどなく、感染自体に気が付かずに過ごす人が大半です。 実際に体力が低下したり、体調を崩したりすることで症状が現れ、そこで始めてクラミジアになっていることに気が付く人もいるほどです。 ですから、クラミジア予防のために漢方を飲み始めるという場合にはまず、クラミジアに感染していないか確認することから始めてください。 医療機関を受診して検査をしてもらうには、クラミジアの診断が可能な婦人科や性病科を受診するのがおすすめです。 この時点で感染が確認できればそのまま治療に移ることが出来ますし、そうでなかった場合でも漢方の服用で自身の体調を整えていくことが可能です。 では、具体的に、クラミジアの予防のために効果があるとされる漢方にはどんなものがあるのでしょうか。 まず挙げられるのが葛根湯や鹿角霊芝など免疫力をアップさせる効果のある漢方です。 葛根湯などはよく風邪予防などにも用いられる漢方で、日常的に服用しても問題はありません。 そして、クラミジア予防にはこの他に枸杞子という漢方もおすすめです。 この漢方は主に滋養強壮に効果があるとされており、日本だけでなく世界中で用いられている漢方薬です。 漢方薬で免疫力を高めることはできる 先にも挙げたように、漢方薬でクラミジアの治療ができるわけではありません。 ですが、日常的に漢方薬を飲み続けることでクラミジアになりにくい、より丈夫な体を作ることは可能です。 漢方薬の魅力は何といってもその効果です。 西洋薬に比べて劇的な変化をその場で実感することはできませんが、飲み続けることによって着実にその効果を発揮していきます。 そして、西洋薬と違うのは飲み続けたとしても副作用がほとんどないという点です。 もちろん、漢方薬の種類によっては持病によって避けなければいけないものもありますが、副作用が少ないという点では日常的に飲み続ける薬として打ってつけです。 それこそ、滋養強壮や免疫力アップによって自然と体質改善が可能になり、クラミジアはもちろんですが、風邪や体調不良を起こしにくい体へと変えていくことが出来ます。 先に挙げた漢方薬の中では、葛根湯は薬局などでも購入できるほどオーソドックスな漢方薬です。 鹿角霊芝は、貴重なキノコの一種で取り寄せるのは難しいとされていますが、最近では養殖されているものも増えてきています。 免疫力アップの他、アレルギー対策や美肌効果も期待できるとされており、クラミジア対策の他にも、プラスαの効果も期待できます。… Read more

ミノマイシンはクラミジアを治療できる薬...

クラミジアはクラミジア・トラコマチスという細菌の感染によって発症する性感染症です。 近年では若い世代の間で急激に感染が広がっており、特に日本で感染率の高さが問題になっています。 クラミジア・トラコマチスは比較的ありふれた細菌で、抗生物質により殺菌することができます。 クラミジアに良く効く薬のひとつに、ミノマイシンがあります。 ミノマイシンの主成分はミノサイクリンで、テトラサイクリン系の抗生物質です。 ミノサイクリンは細菌のタンパク質の合成を阻害する効果があり、低濃度では増殖を止め、高濃度では殺菌力を発揮します。 クラミジアの治療には指示された分量を、何日か継続して服用します。 たいてい数日ほどで症状が治まってきますが、治らない場合は薬が体に合わない可能性があるので、医師に相談しなければなりません。 ミノマイシンは耐性菌が比較的できにくい薬とされていますが、服用の仕方によっては効かなくなることがあります。 一時的に症状が治まっても、自分の判断で服用を中止すると、細菌が薬剤に耐性をつけてしまい、再発する恐れがあります。 きっちり治療するためにも、医師の指示どおりに薬を服用する必要があります。 ミノマイシンの副作用としては、腹痛や吐き気、頭痛やめまいなどが見られます。 またアレルギー症状が出ることもあります。 成長期の子どもが服用すると、歯が黄色くなるという副作用があるため、普通は用いられません。 そのほか服用が長期間にわたると、体内の細菌のバランスが崩れて、クラミジア以外の感染症にかかりやすくなると言われています。 カルシウム剤や鉄剤などの薬は、ミノマイシンの効果を弱めるため、2時間以上の間隔をあけて飲むようにします。 また血栓症やリウマチの薬など、飲み合わせの悪い薬がいろいろあります。 他の病気を治療中の方は、服用前に医師のアドバイスを受けることが重要です。 正しく服用すればクラミジアを完治させることができます。 ミノマイシンはニキビケアにも使われる ミノマイシンはブドウ球菌やレンサ球菌をはじめ、幅広い範囲の細菌に効果のある抗生物質です。 ニキビができる大きな原因はニキビ菌の感染ですが、これを殺菌することもできます。 そのためミノマイシンは内服するニキビ治療薬としても用いられます。 皮膚科では塗り薬と併用して効果を高めている場合もあります。 ディバインはミノマイシンのジェネリック医薬品で、安価で購入できるのが特徴です。 ジェネリック医薬品は成分は先発薬と同じですが、開発メーカーに特許料を支払う必要がないので、価格を抑えることができます。 インドの製薬会社が製造しているディバインは、個人輸入代行の通販サイトなどから入手できます。… Read more

クラミジアを治す薬クラビットって知ってる?...

性病の中でも比較的名の知られているクラミジア、この症状を改善するためにはクラミジアの原因である細菌に対処していくしか方法はありません。 クラビットはクラミジアの治療薬としても用いられることが多く、その効果は絶大です。 そもそも、クラミジアの細菌が体の中で増殖していく過程では、たんぱく質の核となる核酸を生成していきます。 クラビットはこの核酸の生成自体を防ぐ効果があるため、結果的にクラミジアを完治していくことができるというわけです。 クラビットは細菌をただ殺すのではなく、増殖の原因を食い止めることが出来るため、より確実に症状を改善していくことが出来る薬です。 そして、そんなクラビットのジェネリック医薬品となるのがレボクインです。 レボクインはクラビットに比べ、治療にかかる費用を軽減していくことが出来ます。 というのも、ジェネリック医薬品は元々の医薬品の成分、効果はそのままに他社の医薬品メーカーが製造したものです。 開発にお金がかかることがない分、オリジナルの医薬品に比べてその価格を抑えることが出来ます。 成分が全く同じなのであれば出費がより抑えられる後進の医薬品を使う方が賢明です。 その影響もあってか、実際、多くの医療機関、薬局でこうしたジェネリック医薬品を勧めています。 クラミジア治療においてもそれは同様で、こうしたクラビットなどの抗生物質は一定期間服用を続ける必要があります。 人によっては治療が長引くケースも考えられるため、必要に応じて出費を抑える工夫が必要になってくるわけです。 もちろん、医療機関によって治療の方針は変わってくることになりますが、受診や治療開始の際にはジェネリック医薬品を使いたいのだとしっかり医師に伝えておくのがおすすめです。 また、医療機関を受診するのではなく、個人輸入という形で薬を購入する場合にも、クラビットとレボクイン、二つの薬の違いについてはしっかり押さえておくといいでしょう。 クラビットにはジェネリック医薬品がある! 先に挙げたように、クラビットにはその成分、効果が同じであるレボクインというジェネリック医薬品があります。 価格帯が安価であることはもちろんですが、副作用についても、両者とも体への影響が少ないことでも知られています。 抗生物質となれば、副作用の一つとして吐き気や発疹、頭痛などの症状があらわれていきます。 これは他の抗生物質でも同じことですが、クラビットやレボクインの場合、使用を続けるうちにこの副作用が軽減されることもあります。 もちろん、服用を続けても症状がなかなか改善されない場合、むしろ状態が悪化しているという場合には注意が必要です。 それ以上体への負担を増やさないためにも、一旦薬の服用を中止して他の治療法を模索する必要があります。 レボクインは安価なため、魅力的ではありますが、服用の際にはクラビット同様副作用があらわれることがあるという点はしっかり押さえておきましょう。 そして、このクラビットとレボクインはクラミジア治療の他、同じような細菌感染が原因で起こる淋病にも効果を発揮します。 その効果があらわれる仕組みはクラミジアの場合とほとんど同じで、服用によってほとんどの症状は改善されていきます。 クラミジアや淋病は少しでも症状があらわれている場合には早め早めに対処していくに越したことはありません。 それ以上状態を悪化させないためだけではなく、他の人に感染を広げないためにもこの点は重要になってきます。… Read more